代表の土井あゆみが日本ヴィーガン協会の理事に就任いたしました

株式会社GIVERの代表取締役社長・土井あゆみが、2023年3月、日本ヴィーガン協会(https://vegan.or.jp/)の理事に就任いたしました。

・特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会とは
https://vegan.or.jp/

日本ヴィーガン協会は、日本のヴィーガン業界を下支えしたいという想いから発足。当協会を通じて、ヴィーガンだけでなく、さまざまな食文化を互いに認め合い、持続可能な世界をつくり上げていくために必要なことを考え、話し合い、協調し合う場を提供するために、支援することが目的です。
仲間たちとともに、どこよりもヴィーガンが美味しい国=日本、「ジャパニーズヴィーガン」の素晴らしさを世界へ発信し、訪日外国人の皆さんに日本のヴィーガン情報を届け、日本のヴィーガンの皆さんに、よりヴィーガンライフを送りやすい環境をつくり、健康のため、環境のために良い食事であることを周知することに努めることが、日本ヴィーガン協会の役割です。

土井がヴィーガンを意識するきっかけとなったのは、数年前に発症した乳製品・卵のアレルギーです。
当時は、食事の際にはアレルギーを気にして「除かないと食べられない」ということに意識が向いていたそうです。しかし、動物性食品を一切使用しないヴィーガンの食事に出会い、「ヴィーガンならばどれを食べても大丈夫」と気にせず食べられた経験が大きな喜びとなり、ヴィーガンについて学び始める契機となりました。
土井は、同じように体調不良に悩む方への情報提供になること、環境や自身の健康に意識を向ける人が増えることが社会貢献になると考え、事業としてヴィーガンに取り組んでおります。

今後よりいっそう、ヴィーガンの価値観を多くの人に知ってもらえるよう尽力するとともに、ヴィーガンの方もノンヴィーガンの方も含め、さまざまな食の多様性を尊重しあえる世界の実現に貢献していきます。

詳しくは、土井あゆみnoteをぜひご覧ください。
土井あゆみ note
https://note.com/ayumidoi/m/mcd676b385f3a

TOP
TOP